お風呂の窓はカビが繁殖しやすいので要注意を

g_019お風呂は家の中でも最も湿気が溜まりやすい場所です。入浴後にきちんと換気しているつもりでも、いつの間にかカビが発生してしまいます。

私は今までカビが生えやすい場所だけを入念に掃除していたのですが、ある日窓枠の部分にまでカビが生えていることに気が付いて驚きました。

入浴後には窓を開けて湿気を逃しているため、窓の部分は湿気が高くなくカビが生えないと思って油断していたのです。

なぜお風呂にカビが生えてしまったのかという原因を調べてみると、一つは換気が十分にできていなかったことです。カビは湿気が多いと大繁殖するのですが、我が家では窓を開けておくだけで十分換気ができていると思っていました。

お風呂場に換気扇がついているのですが、それを回していなかったため換気が十分にできていなかったようです。

二つ目の原因として、カビのエサとなる石鹸カスやアカの掃除がしっかりとできていないことが考えられました。

石鹸カスやアカはカビのエサとなるのですが、それらは目に見えないだけで、かなり広範囲に飛び散ってしまっているらしいのです。

これをしっかりと掃除しておかないとカビが大繁殖する原因をつくってしまうのです。今まで浴槽と洗い場の周りを入念に掃除していたのですが、壁や壁の上、天井まで範囲を広げて掃除をしっかりと行う必要があると感じました。

こまめな換気とお風呂場全体の掃除を入念にやっておかないと、カビが繁殖するので注意してください。