ガラス交換によるグレードアップで防犯性アップを

g_013最も手軽にできる防犯対策のひとつが、ガラス交換です。ドアに補助錠を付けるなどの手段もありますが、どれだけドアが強固になったところで、窓ガラスを割って侵入されたらそれまでです。逆に言えば、窓ガラスさえ割られなければドアのピッキングはそこまで気にする必要はないかもしれません。というのも、玄関が周りから見えづらい家というのはそうそうありませんし、空き巣が侵入しようとするのは目立つうえに誰か来るかもしれない玄関より、裏手の人目につきにくい場所にある窓ガラスからです。つまり、窓ガラスが割れにくいものであれば、それだけ空き巣を撃退できる可能性が高くなるということに繋がります。家全体の窓ガラスは難しいということでしたら、人目につきにくい場所の窓ガラスだけでも換えておくとよいでしょう。

空き巣は、侵入に5分以上かかると諦める確率が高くなり、10分かかると大抵の場合諦めると言われています。そのわずか数分を耐えてくれる心強いガラスを導入できれば、防犯性が飛躍的にアップするわけです。ガラスについてよく考えてみる機会なんてそうそうないでしょうし、ガラスを防犯面で考えることなんてないかもしれません。だからこそ空き巣はそこを突いてくるので、ガラス交換によるグレードアップで、確実な防犯性のアップを狙いましょう。