ガラス交換の経験は人生で誰でも一度は経験する

g_020窓ガラスはかなり頑丈な部類の建具ですが、それでもやはりアクシデントがあれば割れてしまいます。かつては窓ガラスそのものが小さく、数も今に比べれば少なめだったのが、建築技術が向上するにつれ、大きな窓ガラスが多く取り入れられるようになりました。技術的には壁一面を窓ガラスにしてしまうことだってできるようですが、もちろん一般住宅では強度や安全性の観点からも、そうしたことは行われません。しかしそうはいっても、昔と比べて窓ガラスが大きくなり、設置面積もまた拡大しているというのは事実でしょう。

ガラス自体も高性能化した結果、外観を重視するものや、色付き、模様入りの窓ガラスも多く取り入れられています。一方その強度はというと、デザイン性との両立が必ずしもできているとは言えません。
設置範囲が広大であれば、トラブルによって破砕する可能性も上昇します。だれだって、一度や二度、窓ガラスの交換修理を経験しているのではないでしょうか。

窓ガラスの交換修理自体は決して珍しいことではないのですが、それでも相場や方法はよくわからないという人も多いことでしょう。近所に馴染みのガラス屋さんでもいれば、安心してそこに任せることも出来るのでしょうけれど、たいていの場合、タウンワークやインターネットによって業者を調べ、恐る恐る依頼するというケースが多いようです。

しかし実際のところ、賃貸住宅であれば大家さんにお願いするわけですし、マンションであれば管理人や管理会社を通じて業者に連絡していますから、問題となるのは一戸建ての住人ということになります。
もちろん、不動産会社や建築業者でも紹介してくれますが、まずは保険が適用範囲内か確認しておきましょう。特に住宅の火災保険のなかには、そうした窓ガラスの破損まで補償範囲に含んでいるものがあります。ただしこれも除外規定がシビアで、たとえば台風などの天災の場合は適用されないことが多いようです。