ガラスの破片が足に刺さってしまった話

g_016前日、ウチの子供が庭で遊んでボール遊びをしていた時、誤って窓にぶつけてガラスを割ってしまいました。幸いにも窓の向こうには家族の誰もいなかった為、すぐに箒で破片を集めて片付けたのですが・・、勝手に安心してしまっていたわたしは素足でその窓の近くを歩き、足の裏に鋭い痛みを感じて足を見ました。すると、そこには細長い透明なガラスの破片が刺さっていて、うっすらと血が滲んでいるのです。私は元から血とかは得意ではないのですが、見えるだけでも取り除いて、ガムテープで床をペタペタともっと細かいガラス片を集めて、丁度休みだった主人に留守番してもらって病院に行きました。検査の結果はガラス片は足の裏には残っていなかったのですが、私の詰めの甘さから招いた事でもあったので、非常に後味が悪く感じてしまいました。

私が帰ると、工務店の方も来られていて、次にいれるガラスの相談をしていました。この怪我の後悔から、もし次にやって子供や主人に怪我をして欲しくないので割れても怪我をしにくい強化ガラスに交換していただき、割れても散らばらないように透明に近い遮光フィルムを貼っていただきました。勿論、交換していない窓も全てです。

今回は私の足の裏に刺さって、病院で見てもらっても何ともなかったのですが、別のご家庭ではもっと小さなお子様がハイハイでお家を移動していたりもするはずです。 お掃除しても、もしかしたら誤飲してしまったりするのも怖いのである程度の防衛策は取っておいたほうがいいと思います。長文失礼致しました。